検事の法律での仕事

法律知識が求められる検事

検事は法律の知識が必要とされる

検事は検察官の役職のうちの一つで、法律違反を犯した刑事事件を捜査し、起訴・不起訴の判断をする専門家です。起訴の場合は裁判所に法の正当な適用を請求して裁判の執行を指揮監督します。検事になる方法は、法科大学院を修了し、司法試験に合格しなければなりません。さらにその後、司法修習を受け、司法修習考試に合格して、採用面接に受かる必要があります。司法試験には、憲法、民法、商法、刑法等専門的な法律の知識と法的な推論能力を判定される短答式試験と、法的な分析、構成及び論述の能力を判定される論文式試験があります。専門知識の他に読解力も必要となるので国語力を養うことも重要です。

検事は犯罪を捜査・立件する仕事

検事は、犯罪を捜査して起訴するかを判断し、起訴する場合は裁判で被疑者の罪を立証していく法律職です。なるためには弁護士と同じで司法試験に合格して、その後に採用をされる必要があります。弁護士であれば、司法修習を終えれば誰でもなることができますが、検事の場合は任官できなくてはなりませんので、狭き門です。そのため、なりたい場合は、司法修習を優秀な成績で終わらせる必要があります。法律の中でも特に刑事系の知識が不可欠になるため、この点はじっくりと深めておいた方が、なるためにも需要ですし、なった後にも実務をこなしていきやすくなります。

↑PAGE TOP