法律により給料が決定

検事の給料を決める法律

検察官の俸給等に関する法律

検事とは検察官の中の役職名のことで、法律に違反した人の取り調べを行い、起訴するかしないか判断を下して事件の立証を行うことを職業とします。国家権力の行使や監視に直接かかわるため国家に雇用される国家公務員となります。一般の公務員とは給料の決め方に違いがあり、検察官の俸給等に関する法律によりその額が決められています。階級は1号から20号まであり、平均年収は613万円になります。一番低い20号の月給は約23万円、1号は約120万円、最高位の検事総長になると150万円以上で、これにそれぞれ、住居手当、扶養手当、通勤手当等やボーナスがあるので一般の公務員よりは多く支給されています。

検事になるための進路とは

検事になるためには、法律の最難関資格である司法試験に合格する必要があります。これは、弁護士や裁判官と同じです。司法修習までは、これら法曹三者と呼ばれるものは同じ道を歩みます。司法修習を終えて、その後にそれぞれが自分で決めた道に行くことになります。ただし、検事や弁護士は、採用される数が限られているため、司法修習では優秀な成績を収めておいた方が良いです。また、向き不向きもあるため、向いていない人はなることができません。たいていは修習中に向いている人に声がかけられます。ただ、熱意があれば、割と高評価なので、法律の勉強をするのに加えてなりたいという熱意だけは持っておきましょう。

検事の仕事に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP